読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの夢をカタチにしよう 圧倒的経験が得られるプロジェクト未踏ジュニア2017年度開催

未踏が17歳以下の中高生及び高専生を対象とした、ミニ未踏「2017年度未踏ジュニア」を、
6月から10月にかけて開催すると発表しました。

未踏とは

 社団法人未踏が運営している事業です。
 未踏ではITを駆使してイノベーションを創出することのできるアイディア・技術を
 有する個人の発掘・育成を行っています。

詳しくはこちら

www.ipa.go.jp

 

未踏ジュニアとは

独創的なアイデアを持つ小中高生クリエイターを対象とした「ミニ未踏」です。
主に下記4つの項目の提供があります。

・メンタリングの提供
 - PMやその他未踏OBOGを中心とした各界で活躍するPMや、
   その他専門家による指導が受けられます。


・開発資金の援助
 - 各グループ50万円を上限として、開発資金の援助を行います。


・開発場所の援助
 - 必要に応じて、開発場所及び工作機材の援助を行います。


・未踏事業への推薦
 - 未踏ジュニアスーパークリエータに認定されると、2018年度の
   未踏事業への推薦を受けることができます。

詳しくはこちら
jr.mitou.org

未踏ジュニア2017年概要

 対   象:2017年4月1日時点で17歳以下の個人もしくは4人以内のグループ
 募集 人数:8名程度
 参  加  費:無料
 応募 締切:2017年5月19日(金)23:59


未踏は自分の夢を実現する場でもあります。プログラミングであなたの
考えるアイディアを実現することがよりよい世界を作ることにもつながります。
支援してくださるプロジェクトマネージャーも凄腕の方ばかりです。
そんな方々に指導をいただけるだけでもいい経験になると思います。
17歳以下の方は是非チャレンジしてください!

プログラミングを使ってお金稼ぎ -paiza総額100万円プレゼント企画ー 

オンライン学習サービスで有名な「paiza」が登録会員数10万人突破記念として、

「10万人登録ありがとう、スペシャルキャンペーン」を開始しました。

 

paizaとは

 株式会社ギノが運営しているITエンジニア向けの転職情報サービスです。

 paizaはコーディングの問題を解くことで企業にコーディング力をアピールする

 ことができます。面接が苦手だけどプログラミングに自信の方に

 とっても便利なサービスということで巷では話題になっています。

paiza.jp

 

プレゼント内容

 ・10万円×10人(10万円分のAmazonギフト券もしくは賞品)

 

キャンペーン1応募方法

 1.コードを書く

 2.動作確認する

 3.提出

 4.その場で採点結果発表

 5.正解画面から採点結果をツィート

 

キャンペーン2応募方法

 1.paiza公式アカウント(@paiza)をフォロー

 2.♯もし10万円あったら_paiza + https://paiza.jp/poh/hundred_thousand

  を含めてツィート

 3.ツィート内容:欲しいものとなぜそれが欲しいのか

 

キャンペーン内訳

 キャンペーン1は9名様、キャンペーン2は1名様のプレゼントにります。

 プログラミングに自信のある方はキャンペーン1を、欲望に自信のある方は

 キャンペーン2を選ぶといいんじゃないでしょうか。

 

キャンペーンスケジュール

 ・応募期間

  - 4月20日(木)~5月21日(日)

 ・審査期間

  - 5月22日(月)~5月23日(月)

 ・結果発表

  - 2017年5月下旬

 

 

キャンペーン詳細はこちら

paiza.jp

 

paiza以外の株式会社ギノによるサービス

 株式会社ギノは転職情報サービス以外にもサービスを提供しています。

 それがpaiza learningです。以前ご紹介したprogateに似ているサービスになります。

 つまり、プログラミングのための、動画&学習コンテンツです。
 progateとの違いは解説動画を見ながら、学習を進めることが出来ることです。

 

まとめ

 プログラミングはアウトプットが大事です。日頃トレーニングされているとは思い

 ますが技術は使えなければ意味がありません。プログラミングスキルを定着させる

 ためにもこれを機会にコーディング問題にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

子どもでも作れる自作パソコンKANO

面白い記事があったので紹介させていただきます。

子どもが作れるパソコン「KANO」

詳細はこちら

www.watashimo.jp

 

ただし、全て英語みたいだ。

英語がわからないと難しそうだが、

英語を憶えるきっかけにもなるかもしれない。

0歳から学べるプログラミングを学べる玩具

ロボット事業を展開している株式会社ICONが

本日23時よりクラウドファウンディングを開始します。

詳細はこちらをご覧ください。

robotstart.info

 

見た感じは以前ご紹介した学習サービス「Hour of Code」を
玩具にしたようなものになっています。
小さいお子さんがいる人は一緒に楽しめるのではないでしょうか。

ビスケットを使ったプログラミング!?親子で学ぶワークショップ

 

ゴールデンウィークにプログラミングのワークショップイベントが開かれます。

 

その名は「ビスケットこどもの日」である。

 

ワークショップでは、こいのぼりが飛んで行った先の世界を
ビスケットでプログラミングして作っていくという興味深い内容である。


ビスケットとは
 2003年に開発されたプログラミング言語

 

www.excite.co.jp

 


イベント詳細

 日 程:5/5(金)10:00~11:30
 場 所:東京都渋谷区文化総合センター大和田学習室1
 参加費:親子1組3000円/子どものみ2000円


お子様がいらっしゃる方は、お子様の論理思考能力の開発やプログラミングへの
興味を持つきっかけとして参加されてみてはいかがでしょうか。

高校生がプログラミングの勉強を始めるのに役立つ本

高校生でプログラミングに興味を持っている方は多いのではないでしょうか。

 

そこで今日はプログラミングをこれから始める高校生に役立つ本を

ご紹介したいと思います。

 

高校生からはじめるプログラミング

 ドラゴンクエストXを用いたネット遠足で話題になったN高等学校がなんと

 高校生向けのプログラミング本を発売しています。

 

 

「高校生からはじめるプログラミング」は初心者がプログラミングを学ぶには

最適な本です。

 

おすすめする理由

  N高ではドワンゴトップエンジニアがプログラミングを教えています。

 そこでは市販の教科書には記載されていないノウハウが詰まった授業が
 提供されています。

 

 そして、プログラミングだけではなく、開発環境構築や、コンピューターサイエンス
 といった知識も包括的に身に付くカリキュラムが存在います。


 そんなプログラミング教育の実績とナレッジがあるN高がプログラミングに
 ついての本を出版しているのですから間違いない良書となっております。

 

 この本1冊でN高校のプログラミング教育メソッドを学ぶことができます。
 これからプログラミングを始める人やN高校に興味がある人は試してみては
 いかがでしょうか。

 課題もあり手を動かしながら進める方式なので本を読み切る頃には
 プログラミングの概念はある程度理解できるのではないでしょうか。

 

 

プロ仕様のイラストが誰でも描けるGoogleが開発したお絵かきツール AutoDraw

GoogleがAutoDrawという新しいサービスをはじめました。

なんとこれ、人工知能を利用して、あなたが書いた絵をキレイにしてくれるんです。
説明は不要かと思います。まずはリンクを張るのでやってみてください。

www.autodraw.com

 

AutoDrawとは

Googleが開発した「汚い絵でも上手に変換してくれる協力なお絵かきツール」です。
Webアプリケーションなのでダウンロードが不要です。
それにパソコンだけではなく、スマホタブレットでも利用できるもgoodですね。

 

何が便利なのか

AutoDrawは描かれた絵が何を表しているのかを人工知能が識別をしてデータベースに
ある絵と比較して、近しいものをリスト表示される仕組みになってるようです。
書いた絵は簡単にダウンロードできるのですぐに絵を書く必要がある場合とっても便利です。

 

パソコンやタブレットなどで絵を書こうとすると中々うまく書けませんよね。
上手な絵を書くのはデザイナーでもない限り難しいと思います。
そこで便利なのが「AutoDraw」です。イラストが必要になったときに利用してみてはいかがでしょうか。