プログラミング教育指導者を養成する履修講座

「CodeEdu/」が2017年度前期受講生の募集を開始しました。

 

CodeEdu/とは

児童向けプログラミング教育に携わる方を対象とした、

プログラム教育指導者養成プログラムです。

 

www.codeedu.info

 

背景

プログラミング教育の必修化に伴い、指導者の不足が課題となっているようです。

 

学ぶ科目

・プログラミング教育論

・プログラミング入門

・授業分析・評価

・児童への対処法

 

募集期間

4/5(水)~4/30(日)

 

開校期間

5/13(土)~8/31(木)

 

費用

受講料:無料

教材費:32,400円(税込)

 

教師の方でプログラミングを学びたい方は是非エントリーしてみてはいかがでしょうか。

プログラミング必修高校 -コードアカデミー高校-

プログラミングを必修科目とした高校が出来たというニュースだと思ったら

既に開校1年でした。

www.itmedia.co.jp

 

ここでは卒業に必要な74単位のうち、約20単位をプログラミング関連が占める

カリキュラムが特色だそうです。

 

学習の方法は、まず日本語でプログラミングできる学習用言語「Sunaba」で

考え方の基礎を学び、JavaScriptやSwift、C言語Javaなどをプロジェクトを

通じて実践的に学んでいくそうです。

 

日本でも先進的な取り組みをしている高校ですね。

今後の動向にも期待です!

U22プログラミング・コンテスト2017が始まる

U-22プログラミング・コンテスト2017の公式Webサイトがオープンしました。
 
このコンテストは1980年より経済産業省の主催により,優れた人材の発掘・育成を目的として開催している作品提出型のプログラミングコンテストです。
 
今年のプログラミングコンテストは22歳以下の枠とは別に,
12歳以下を対象とした「小学生部門」が新設されmasita.
 
開催概要は以下の通りです。
 
 参加資格:日本国内に居住する1995年4月2日以降に生まれた方
      ※チーム参加の場合,メンバーの参加資格は
       原則上記の通りとするが,同じ学校に所属する学生であれば
       23歳以上(1995年4月1日以前に生まれた方)のメンバーも参加可
 
  募集内容:ユニークな発想やこれまでに培ってきた技術力を活かした、 
      未発表または2016年9月1日以降に発表したオリジナル作品。
 
 開催スケジュール:7月3日(月) ~8月24日(木)応募受付
          8月~9月 事前審査,一次審査
          10月1日(日)最終審査会・特別講演・各賞発表
          10月2日(月) 経済産業大臣賞・商務情報政策局長表彰式
詳しくはこちら

www.u22procon.com

 

参加資格があり興味があるかたは是非!

 

NHKのコミュニティサービス「ワイワイプログラミング」とは

ワイワイプログラミングとは

NHKがするプログラミング・コミュニティです。

ここではSCRATCH(※)の使用方法が記載してあったり、
みんなが作った作品をプレイすることができます。

www.nhk.or.jp

 

※Scratchとは

アメリカのマサチューセッツ工科大学MITメディアラボ」が開発した
子供向けのグラフィカルなプログラミング言語です。

プレイすることで遊びながらアニメやゲームなどの制作を通して
プログラミングを学ぶことができます。

ScratchプログラミングはWebサイトが開設されており、
多くの作品を閲覧できると共に、そのWebサイトのサインインから
無料登録をすることによりWeb上で作品を作ることができます。

 

子ども向けの番組やサービスがどんどん良くなってきていますね。
これから天才プログラマーと称される子どもが増えてくることでしょう!

 

 

無料で簡単にゲームが作れるプログラミング教材のご紹介

簡単にゲームが作れるプログラミング教材「PROCK」がリリースされたので
ご紹介します。

pm.ahiru.co.jp


PROCKとは

アイコンブロックを組み合わせるビジュアルプログラミングを使い、
ゲームを作りながらプログラミングを学習できるサービスです。

特徴

1.作った作品をアップロードして公開することができる。

2.他のユーザーの作品をプレイすることができる。

3.他のユーザーの作品のプログラム内容を確認することができる。


プログラミング学習教材がどんどん増えています。
しばらくこの流れは変わらないでしょう。
プログラミング教材が普及することでITに興味を持つ人が増えるといいですね。

1億人が学習したプログラミングが理解できる超初心者向けゲーム Hour of Code

Hour of Codeとは

ハディとアリ・パルトヴィによって設立された非営利団体「Code.org」が
運営する学習サイトです。

hourofcode.jp

このゲームを進めるとわかるのですがプロモーション動画には、
Facebookザッカーバーグ氏、元アメリカ大統領のオバマ氏、
Microsoftビル・ゲイツ氏などの著名人が数多く出演しています。

なんとザッカーバーグ氏の動画は2週間で1200万回再生でした。

 

それほど「Code.org」の活動に意義があるということですね。

 

特徴

対象年齢が4歳~108歳という誰にでもできるゲームに設計されています。
そして、有名なキャラクターも多数登場するので、
小さい子どもにも喜ばれるかと思います。

例:スター・ウォーズアナと雪の女王などなど

 

内容
プログラミングの経験が全くなくても楽しく学習できる仕組みになっています。
具体的に言うと、ブロックを組み合わせることで、
プログラミングの考えかたが学べます。

 

非営利団体としてIT人材の育成を担うという社会的意義の高い取り組みをされている「Code.org」とそのサービス「Hour of Code」をご紹介させていただきました。

1ミッション5分程でクリアできる内容ですのでお試しされてみてはいかがでしょうか?

3つのプログラミング勉強方法

本日は3つのプログラミング勉強方法をお伝えします。

 

1.プログラミング学習サービスを利用する

2.勉強会に参加する/スクールに通う

3.書籍やインターネットの情報で学習する

 

詳しく見ていきましょう

 

1.プログラミング学習サービスを利用する

 ご存じProgateやドットインストールです。

prog-8.com

 

2.勉強会に参加する/スクールに通う

 ・勉強会
  - 情報サイトがあるので好きな勉強会に参加しよう。

    意識高い方が多いので交流も深まりますよ。

eventdots.jp

 

 ・スクール

  - キャンプ式のスクールがあります。キャッチコピーは
    「人生を変える1ケ月」です。
   ここで 本気で1ケ月プログラミングを学習してみてはいかがでしょうか。

tech-camp.in

 

3.書籍やインターネットの情報で学習する

 ・書籍

  - Amazonの評価を参考に選びましょう。

 ・インターネット

  - インターネットで書籍同様の学習ができるサイトがあります。
    このチュートリアルでは実際にアプリケーションを公開するところまで
   が学習範囲に入っているので非常に勉強になります。 

railstutorial.jp

 

以上3つの方法をご紹介させていただきました。
人によって合う合わないがあるので、あなたにあった勉強方法を選択するとよいでしょう。