プログラミングへの一歩 HTMLとCSSの必要性

Webサービスを作るときに必要となる技術があります。
それは「HTMLとCSS」です。

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

HTMLとCSSはホームページを作ったり、
ブログのデザインをカスタマイズするのに必要です。

それではHTMLとCSSを誰でもわかるように説明します。

 

HTML

HTML(エイチティーエムエル、HyperText Markup Language)は、
 Webページを作成するために開発された言語です。(厳密には言語でない)
 WebページのほとんどがこのHTMLで作られています。
 タグという命令を使うことにより、文字を記述したり文字の大きさを変えたり、
 画像を表示することなどが出来ます。

 

CSS

CSS(カスケーディング・スタイル・シート、Cascading Style Sheets)は、
   Webページのスタイルを指定するための言語です。(厳密には言語でない)
 HTMLのタグで囲んだ範囲の文字の色や太さ、背景の色や配置などの指定が
 できます。ページのデザインは基本的にCSSで記述することになります。


このWebブラウザ上で右クリックして「ページのソースを表示」を
選択してみましょう。このページのHTMLとCSSのソースが見れます。
これをコピーすることで同じようなページが出来上がるのです。

まとめ

RubyPHPなどの言語を覚えたいと思っても、まずは
 HTMLとCSSを覚える必要があります。Webの基本となるので
 これを機会に学習を始めましょう。