Gitを使いこなすことで開発作業のスピードアップを図ろう

現在の開発現場ではGitなしでの開発作業は考えられなくなっています。

つまり、Gitを使うのが当たり前になっています。

そこで今日はGitについてお伝えできればと思います。

 

Gitとは

 

プログラムのソースコードなどの変更履歴・追跡するための分散型バージョン管理システムです。何故Gitが必要かと言うと、複数人で開発をする場合、ソースコードを効率的に管理・運用する必要があるからです。

・・・まだ分かりづらいですよね。

噛み砕いて言うと、ソースコードを「いつ」「誰が」「どこを」変えたのかを把握する為に必要なツールです。

 

 

何故バージョン管理の必要があるのか

 

それは素早い開発をする為です。

バグが発生した場合には、過去に遡りソース変更の差分を確認する必要があります。

変更箇所を逐一記録することで、修正内容や機能追加箇所を判別できるのですね。

ソースコードを管理することがスムーズな開発につ繋がるのです。

 

Gitの必要性

スムーズな開発にGitが必要なのはお分かりいただけたと思います。

つまりGitを使いこなすことがエンジニアにも求められてきているのですね。

Gitで何冊も本が出ているほど、重要な技術になるのでこの際に勉強してみてはいかがでしょうか。

 

 

余談ですが、ソースコードだけでなく、ホワイトハウスや行政機関などで文書管理などにも利用されているみたいです!